ひびけん!

ぼっさぼっさ、ろくさろっさ、、、

UTMF2016が終わりました!

f:id:shortcut3:20160923065057j:plain

UTMF2016が終わりました!

まさかの展開というか、

おそらく一生忘れないレースになったんではないかと思いますが、

正直な気持ちとともにブログに記しておこうと思います。

 

f:id:shortcut3:20160923101106j:plain

前日受け付けを済ませた事もあり、

余裕をもって会場入り。。時間もあるので喫茶店でお茶してました。

装備品の最終確認も終わり、あとはスタートするだけ。

気持ちを徐々に高めていっておりました。

 

f:id:shortcut3:20160923111542j:plain

f:id:shortcut3:20160923111333j:plain

f:id:shortcut3:20160923113114j:plain

スタート30分前にゲートに並んだところで、

スタート時間の2時間延長が発表!

スタート会場のある河口湖周辺では、小雨だったものの、富士宮市では大雨警報が発令されていて、このままではレースが中止になるおそれがあるということでした。

f:id:shortcut3:20160923122347j:plain

仕方がないので一度仕切り直し。

気持ちをスタートに合わせていたため、若干糸が切れつつも、

ラーメンで落ち着かせるw しょうがないしw

f:id:shortcut3:20160923150017j:plain

スタート予定時間30分前の14:30。

再びゲートに整列。

今から開会式があるということなのでステージの方をみる。

そして、下記の衝撃的な発表。

 

<開会式の動画>

 

思わず、ええ〜〜〜〜〜って声がでてしまいました。

 

この時点で今年のUTMFは終わりました。

これ、49km走る意味ってあるのかな?って

どうすればいいのか、正直分からなくなりました。

頭の中が真っ白・・・

 

日本語での発表だったので、

日本人ランナーの動揺が気になったのか、前にいた外国人の方が自分に「どうした?」って話しかけてきました。

片言英語でしたが、

「どうやら49kmで終わりになるみたい」ということを伝えると

何ともいえない表情に。。。

 

いや、

俺もどうしたらいいのか分かんない。

でも、なんかスタートするみたいだし、、

とりあえず走るか・・・

そんな感じで、15時にスタート。

 

f:id:shortcut3:20160923153021j:plain

後ろからスタートしてるので、しょっぱなから渋滞。

でも、正直、もうどうでもいいか。。。

そんな感じで特に不満もなく待ちます。

f:id:shortcut3:20160923160711j:plain

最初のトレイルパートも渋滞。。。

f:id:shortcut3:20160923164059j:plain

最初のピーク。

ここから徐々にペースを上げていきます。

なんだかんだ走ってるうちに速く走りたくなるんですよねww

 

 

f:id:shortcut3:20160923170812j:plain

W1エイド到着。

水の補給だけしてすぐ出発。

ここからしばらくロードだったので、ペースをさらにあげます。

途中で三浦雄一郎さんがいたので、思わずハイタッチしちゃいましたw

f:id:shortcut3:20160923174810j:plain

A1エイド到着。

ここでは豚汁をごちそうになり、すぐ出発。

雨が激しくなってきました!

 

f:id:shortcut3:20160923200043j:plain

A2エイド到着。

人が溢れてます。

そして、雨が強くなり、リタイアする人もチラホラとみられるようになってきました。

 

f:id:shortcut3:20160923213628j:plain

そしてA3エイドにてゴール。

なんの感慨もありません。ただゴールしただけです。

ここまでくる時も何で走ってるのかずっと考えてました。

 

 

 

悔しいです。

本当に悔しいです。

えっ、これで終わり?

 

ゴールからスタート地点まで戻るバスの中で、

このレースに参加するまでの準備なんかを思い返してしまい、

涙が止まりませんでした。

というより、1回考え始めると今でも泣きたくなります。

 

こんな形で今年最大の目標にしていたUTMF2016が終わりました。

100マイルを走る権利すらもらえませんでした。

自分の限界をためすことさせてもらえませんでした。

 

こんなに悔しいことは、今までの人生であっただろうか…

 

 

念のため、言っておきますが、

大会運営について批判するつもりはありません。

実際のところ、

夜からの豪雨は明らかに1000人規模でのレースを行うにはリスクが高いと感じました。

判断は間違っていなかったと思います。

それに、

結果的にですが、少しでも走らせてくれてありがとうと言いたいです。

ボランティアの方々にもこんな悪天候の中、本当にありがとうとお伝えしたいです。

 

 

結局、自然が相手です。

天気はどうしようもないです。受け入れるしかありません。

それは理解してます。

 

ただ、、今はとにかく悔しい気持ちでいっぱいです。

これだけは、どうしても抑えることのできない感情です。

 

 

この悔しい思いをバネに次を頑張る!

みたいな綺麗な言葉で締めたいところですが、

そうそう感情はお利口になってくれませんww

 

すげー、悔しいんだよ!馬鹿野郎!!!

 

 

 

f:id:shortcut3:20160925214149j:plain

 

完走したのでフェニッシャーベストもらいました。

でも、俺にこれを着る資格はあるんですかね??