ひびけん!

ぼっさぼっさ、ろくさろっさ、、、

ウルトラマラソン(118km)は長い旅だった・・・

f:id:shortcut3:20160427223025p:plain

来る4月24日にチャレンジ富士五湖FUJI 5LAKESの部(118km)に参加してきました!

f:id:shortcut3:20160427223323p:plain

 コースマップはこちら

山中湖→河口湖→西湖→精進湖本栖湖と富士五湖すべてを回るコースです。

制限時間は、15時間。午前4時スタート。

なかなか厳しいんじゃないでしょうか(;´Д`)

 

Untitled

 

午前3時に会場到着。荷物預かり場です。

スタートまであと1時間とそこまで余裕がありませんw

 

 

Untitledスタートまであと30分と切りました。

ウルトラランナー達が徐々に整列し始めます。これから長い一日が始まるので、なんともいえないテンションで準備運動を始めます!


チャレンジ富士五湖(2016)スタート動画

  

Untitled

第一関門:山中湖駐車場(16.9km)

スタート時は真っ暗でしたが、5時を過ぎると明るくなってます。

今の所、順調です。

※ちなみに電光掲示板の表示は、経過時間ではなく時刻になります。

なので、上記の場合は、朝の5:33、に通過したことをさしてます。 

 

Untitled

 第二関門:富士北麓公園上(38.7km)

山中湖を一周してスタート地点を通り過ぎます。

なんか長い坂道があったよ(´ω`)

 

Untitled

 第三関門:足和田出張所(56.4km)

河口湖に入り、50kmを超えてきました。

ここまで抑え気味のペースで走っているものの、そろそろ足に疲労が感じられるようになってきました。。。

ここで、 

Untitled

 預けていたドロップバックの中には・・・

お嬢様聖水!!!!

エネルギーチャージです、、、いける!!

、、これでまだまだ戦えるぞ!(若干、空元気)

 

 

Untitled

 

河口湖から西湖に抜ける心が折れそうな登り坂を登り切って、

やっと60km地点に。。。

はい、、そうです。。ここにきてやっと半分です。。。∑(=゚ω゚=;) マジ!?

 

Untitled

 曇ってはいるものの走りやすさ的には今日はちょうど良いですね・・・

 

Untitled

 

第四関門:本栖湖県営駐車場(75km)

はい、あとフルマラソン1回分なのです・・・(´ω`)

いやー、疲れてます。明らかに足にきてます。。。

しかし、、終わるためには自分で進まなければならない。

ここからは気持ちの闘いだった気がします。

 

Untitled

 第五関門:旧精進小学校(118km部は関門ではなかった)

本栖湖から精進湖に向かう道も基本、登り基調。。。

なんか、後半の方が登りが多い気がするじぇ(´ω`)

 

 

Untitled

  第六関門:西湖公民館(98.9km)

あと約20kmまできました。よくここまできたなーと自分でも思いながら、

とにかく前に進むしかないと。。既にゴールの事しか考えていません。

 

 そして、、、

Untitled

 第七関門:河口湖ステラシアター(113.1km)

ここまできた!ついに最終関門。ゴールまで残り5km。

そして、最後のおかわり。。ともいうべき、3kmの登りが始まります。

歩く人が多い中で気合いで走ります。

遅いんですが、とにかく早く楽になりたいので走ります!

 

Untitled

 

 

そして、ゴォォォォォーーーール!!!!

完走した証の完走メダルとタオルをもらう!!!

もうクタクタで、ゴールした直後から足がまったく動かない。。

体が悲鳴をあげているのが分かるww

 

でも、、

嬉しい、本当に嬉しい。。。

この達成感を味わうためだけに118kmという長い道のりを約13時間で走ってきたんだ。。。。。。。(o^∀^o)

 

 

Untitled

 

着替えた後は、豚汁を頂く、、、

体が冷え冷えだったので、ほんと温まる!!

暖かい汁物ってホント偉大だ!!!!

 

そんなこんなで、、

なんとか118kmを完走しました!

 

途中、関門ごとにTwitterで報告してたんですが、

フォロワーさんから応援リプをもらって、それがホント力になりました。

絶対ゴールしてやるって気持ち。。これがないとウルトラマラソンを走りきるのは難しいと思う。

そういう気持ちを維持する意味でも、ホントTwitterで実況じながら走って良かったなと思いました!!!

 

ウルトラマラソンはホント旅だと思う。

色んな気持ち、思考を考えながらもくもくと走って前に進む。

一緒に走っているランナーは、速さを競う競争者というより、共に時間を共有した仲間だったと思う。「ナイスラン!!」をみんなで掛け合ったと思う。。

ほんと、チャレンジしてみて良かった。と思う、いいマラソンでした(o^∀^o)

 

 

 

 

しばらくは、、、、、走りたくないですけどねww